オーガストウォーズ(ジャニック・フェイジエフ)

 なんか昨日見た夢の話なんだけど、なぜかロシアに住んでて、さらになぜか若い女性になってるの。それで幼い息子が紛争地帯に置き去りにされてるっていうんで助けに行くんだけどさ…みたいな映画でした。本当にどういう脈絡でこんな夢みたんだろう?といった風情の夢幻的な作品。

 ちょっと前に一部好事家の間で、ロシア軍全面協力のロボットファンタジーがある、と話題になってたけど、あれか!と思って見たのですが、その実態はプロパガンダ映画でしたね。だから『エネミー・ライン』などのように、話半分で真に受けすぎないで観るべき作品だと思います。

 とはいえ、ミリタリー関係はかなり気合が入っていて、それどころか極端な破壊描写も多いので、最初あたりの民間バス強襲シーンとか雨と降り注ぐ砲火などはむしろ『宇宙戦争』を思い起こすほど。だから不勉強だったのですが、文字通り「8月戦争」と呼ばれるグルジアとの紛争がベースになっていたとは知らなくて、異世界からの攻撃に巻き込まれたんだと思って、つまりSFアクション(子どもの想像、妄想かと思っていたら、いつの間にか現実が侵食されていた、みたいなやつ)と思い込んでいたんですよね…

 作り手が意図する以上にクセがある映画で、主人公のクセーニアは母親であるにも関わらず少女時代を抜けきれない不安定さを垣間見せるし(見た目の印象もあるけど)、紛争への方針を検討する閣僚の一人は「ここは冷静であるべき」とひとり奮闘するのだけど、(プロパガンダ映画でありながら)腰抜けだったり日和見主義者という描写はされてない。必ずしも出来は良くないと思うけれど、そういうディテールが不思議と印象に残る作品でした。

☆☆☆

※エクスタシーはふりですよ、というのは『恋人たちの予感』のいただき描写だな、と思いながら観てたのだけど、冒頭にそのものズバリでDVDのジャケットが写っていたんですね。気づかなかった。

パラサイト 半地下の家族(ポン・ジュノ)

 風刺強めの寓話やります!と構えてる時のポン・ジュノ作品(『グエムル』、『スノーピアサー』)は図式的になりすぎてつまらないと感じるのだけど、この作品もそんな感じでした。

 ピンとこなかったのは、ジャンルとして「侵入者もの」が好きじゃないから、というのもあるかも。どんなに緻密に計画しても最終的に破綻するのは目に見えてるから、そもそも最初から見てて辛かった。あと富豪家族も責められるほど悪い人たちじゃないから…

 『ほえる犬』とか『母なる証明』がやっぱり好きだな。

☆☆☆

きっと、うまくいく(ラージクマール・ヒラーニ)

 ランチョーの破天荒さにちょっと「無責任シリーズ」を思い出したのだけど、適当なことをいっているようですごく真摯というところに(そしてまた、なぜ彼はそう振舞うのかの理由に)心打たれました。

 一見勢い重視の作品と見せかけて(それでも構わなかったけれど)、伏線とその回収の丁寧さが実に巧みで、素晴らしかったですね。大学時代の気楽さ、大変さ、そして(当時は気づかなかったけれど、あの時期だからこその)友情のかけがえのなさを思い出して、泣けました。

☆☆☆☆

停電の夜に(ジュンパ・ラヒリ)

 最初にクレスト・ブックスで刊行されて以来だから随分久しぶりに再読。当時も思ったけど、いかにもニューヨーカーが採用しそうな短編だなと改めて(クレスト・ブックスはこういう所を狙っている叢書です、というよいショーケースにもなっていた記憶があります)。夫婦や恋人の「倦怠もの」「すれちがいもの」が多いからそういう印象になるのかもしれない。アップダイクとかアーウィン・ショーみたいなミニマリストの系譜ですよね。

 ところで表題作の「停電の夜に」という邦題がやはりキャッチーというかすごくフックのあるタイトルで、当時広く読まれた要因はそこにもあると思うのだけど、実は原題は「A Temporary Matter」※であって、含意として考えたら、読後に立ち上がる感慨を踏まえたら、原題の方が「そういうことか…」とはなりますよね。でも上手い邦題の付け方と思います。それはさておき、こんな冷えびえとしたやりきれない話だったっけ?以前読んだ時より身につまされたな…

 再読して今回一番好きだったのは「三度目で最後の大陸」(いや前回もだったかも。なにせ20年近く前だからな、って、もうそんなになるの?)。異文化との衝突、受容を夫婦の関係との2重写しで描いている作品が多い印象だけど、しみじみ噛みしめるような味わい深さが、切れ味を重視しているほかの作品よりも今の気分に合っていました。

☆☆☆☆

※作中にあるとおり「臨時措置」ということなんだけど、その「一時的なこと」とは何だったのか、という話ですね。

ヘルボーイ(ニール・マーシャル)

 デル・トロ作品はディテールにこだわりがあって、独特の造形も相まって特異な世界観を構築していると思うけれど、作りこみすぎた感じが窮屈でもあって、箱庭的なのがなんだか物足りないという印象なのです。

 さてリブートたる今作は、手堅いB級アクション(バイオレンス多め)の職人監督というイメージのニール・マーシャルによるものでしたが、良くも悪くもいつもどおりでした。CGだけじゃなくて特殊造形物をちゃんと作ってる感じが、80年代のこの手の映画を想起させて好印象だったのだけど、セットのチープな感じまで再現しなくても良かったんだぜ…まあ監督の力量かな。

☆☆☆

その女アレックス(ピエール・ルメートル)

 ヴェルーヴェンのチームのでこぼこぶりがペナックの登場人物みたいだな、と思って読んでいたら話が『グルーム』みたいに重くて陰惨な感じになってきて…と思ったら訳者あとがきに正に引用されていたから、みんなやっぱり考えることは同じなんだなと思いました。

 作者は映像をまず思い描いてそれを書いている、と執筆スタイルを語っているそうだけど、カミーユは完全にマチュー・アマルリックのイメージで書いている気がするな。

 ところで意外性が喧伝されていた印象の作品だけど、内容に関していうと、ミスリードが過ぎるところもあるし、ジャンル的には見慣れた要素でもあるということで、こういう組み合わせがあったのか、という構成の妙を楽しむ作品なのかなと思いました。

 アルマンは(個人的には)マーク・ライランスかなと思ったのだけど、ルイはだれかな…

☆☆☆1/2