読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッチコック(サーシャ・ガヴァシ)

映画

 これまであまりスポットライトがあたることのなかった糟糠の妻、アルマのヒッチコック作品における功績を、『サイコ』の成立過程のあれこれの騒動に焦点を絞って描く、という作品。名優ぞろいなので飽きることなく最後まで観られるんだけど、演出の手つきがあまりに遠慮しがちで、人間関係の割り切れなさにまでは全然踏み込んでいない印象。やっぱり勝手知ったる夫婦が一番、みたいな生暖かい結論に着地するけど、このあとの『鳥』でも例のティッピ・ヘドレンのスキャンダルがある訳で・・・
☆☆☆
※「理解されない孤高の芸術家」としてのエド・ゲインにアーティストとしてある種の共感を感じているような描写もあるのですが、エクスキューズというか、「こういうのも入れてみた方が作品として厚みが出るでしょ?」くらいの扱いなら入れない方がましではなかろうか?と思ったことでした。