読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッキントッシュ:ハンティングコート(SEAMILL)

 エディフィス・エクスクルーシブのコートです。昨年まで着ていた通勤用コートが5年以上になり、そろそろ新しいものをと考えていたのですが、「今回は気合の入ったやつ、出来ればオフも兼用できるようなもので」という趣旨で探していました。実はシーラップ始め色々なメーカーのものも試着したのですがあまりピンとこなくて、昨年買ったレザージャケットのつくりが好印象だったこともあり、マッキントッシュから検討することに。
 ただマッキントッシュの代名詞であるゴム引きクロスは普通にはクリーニングできないので、コットンツイルなどの他の生地のもので、かつ(真冬着用を想定して)取り外せるライニングを備えているという条件で探しました。「ゴム引き」以外ならマッキントッシュでなくてもいいのでは?という意見もあるかと思いますが、何故このブランドにこだわったかというと、(写真などでは分かりにくいけれど)デザインはシンプルだったりするのに全体のバランスから受ける印象が実にエレガントなんですね。
 しかしメーカーサイドは着脱式ライニングに乗り気ではないらしく、ショップ別注でそういう仕様のものを選ぶしかありません。なんでも出自がレインコートということもあり、本国でそういう仕様がそもそもあまりないのだとか。お店の方も言われてたけれど、確かにレインコートにウールライニングというのはありえない取り合わせなのかも。ともあれ上記の条件に合致する、ステンカラーコートの「ダンケルド」か、カジュアルに軸足を置いてPコートの「サンドフォード」かというところまで絞り込みました。本当はシンプルなトレンチコートであるところの「モンクトン」にそういう仕様があればベストなんだけど・・・と決定打不足に逡巡していたところ、急にこの「シーミル」がラインナップ!しかもコットン生地に着脱式ウールライニング。いやー待ってて良かった。
 実際着てみると、胴回りには割りと余裕があって、通勤コートにも充分。ただシングルトレンチコートのモデルである「ダウンフィールド」ほどではないにせよ、ダーツが入っていて肩幅を絞り込んだデザインなのでやせ体型の人じゃないとジャケット上に着るのは厳しいかもしれません。ハンティングコートの意匠ということでダブルガンパッチに大きめポケットという特徴的な形ですが、実物は意外とスマートな印象なので定番化すればいいのになあ、と思いました。
☆☆☆☆1/2