サンドウィッチ

村上春樹の小説に登場する食べ物は、シンプルなのにすごくおいしそうである。とりわけサンドイッチは。(表題は気取り気味に、何となく村上風に「サンドウィッチ」にしましたよ。)

読者の「一度食べてみたい」という夢想を誘わずにおかない村上サンドイッチ。しかし僕にとっては「サンドイッチ」とは湿り気味のくせにパサパサした、という印象を拭えず、なによりまず主食にはなりえないオヤツのポジションでありました。

ところが今日、何気なく入ったカフェのランチメニューであったその「サンドウィッチ」は、僕の想像(妄想)の村上サンドイッチに初めて追いついたすてきにおいしいサンドイッチだったのである!
レシピが同じとかそういうことでなく、初めて手放しにうまいといえるものだったと。今までにも色々な店でチャレンジしてきたけれど、そしてその中にもなかなか頑張っているものはあったけれども、今日のサンドイッチのようにシンプル且つ奥深い味わいのものはなかった。

また行こう。

広告を非表示にする