読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

007 スペクター(サム・メンデス)

 これが邦画だったら「守ると誓った、この命を懸けて」みたいな如何なものかキャッチが躍るところだと思うけれど、僕は話としてはそういうの大好物なので、この作品も好きでした。(ネタバレ前提なので未見の方はご覧にならないでください。)
 とはいえ、クレイグ・ボンドの全ての敵はつながってました!というのは、いくら後出しでも余りにちょっとという印象が否めない(松本零士病というか永井豪病というか…)。加えて、嫉妬心が動機というのも『スカイフォール』の敵役シルヴァと被る感じがして、しかも前作はそれでとても上手くまとまっていたために、その価値を相対的に貶めるような気もして残念でした。
 「ミスター・ホワイト」が図らずもすべてを通してのキーマンになった訳ですが、利害を通じてある人間が複数の犯罪組織に関係するということはあり得ると思うので、クォンタムはスペクターの下部組織ではなくて、複数政府の関係する外部団体にしておけばもっと不気味な存在になったのに、とそこも勿体ない気がしました。それ以外の気になった箇所メモ。
・アヴァンタイトルの「死者の日」のベッドに残してきた女性、あの後どうなったのかしら…カモフラージュのためだからそもそも知らん、というのが、なんというか007らしさ(あるファン層にとっての魅力)なんだとは思うけど、巻き込んだならケアしてあげてよ。という程度には古典的なヒーローが好きなのです。
・今回のアストンマーチンはコンセプトカー然としていて、グッとこなかった。
・マドレーヌの高級診療所に行く時のダウンジャケット、あれもトム・フォードなのかな。買えないけど欲しい。
・タンジールで「アメリカン」というのはボーンに対する目配せなのか。
 同じ心に傷を持つものとして、ヴェスパーのことなら愛せるかもしれない、と思ったのも束の間、永遠に失ってしまい、そこからは喪失の連続、というのがクレイグ・ボンドの骨子だったけれど、人間性の恢復も含めて最後のチャンスが与えられた、というのが今回の話ですよね。所謂007マナーからは外れる異端のエピソードだから、それはちょっとと思う古参ファンもあるかも知れないけれど、『女王陛下の007』へのオマージュでもあるかもしれなくて、いやオマージュ云々はさて置いて、僕はそこにこそ今回グッときたので、このままクレイグ・ボンドは美しく終わらせてほしいと強く願うものです。※
☆☆☆☆
※ボンドは帰ってくる、とエンドクレジットにありましたが、帰ってこない方がよいので、次回作は新しい007コードの担い手をスカウトするところから始めてほしい。