読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒い家(森田芳光)

 金沢・牛刀・マサカーですね。うーん、本当はもっと心理的にジワジワくる感じが好みなんだけど、存外、力押しの演出でした。
 全編トリッキーな撮り方のオンパレードで、そういえば森田監督はもともとそういうケレンのある人だったということを思い出しました。しかし手法的に一番効果的だと思ったのは、冒頭、「主人公が書類を渡してもらう」という一瞬だけのシーンで尋常じゃない量のカットで切り返しを入れるところ。すごく生理的に気持ち悪いモンタージュなので、今のなんだったのかな(下手になった?)・・・とモヤモヤしていると、後からそのシーンが問題の発端だったということに気付くという。
・モンスターが自らの出自を語るのは、何というか言わずもがなって感じで・・・全編通してちょっと説明過多のような。
・最近のユリイカで原作者の貴志祐介町田康が対談していて、悪くない組み合わせだけど何でまた、と思ったらこの映画に出演してたんですね。(読み落としてたかな。)
・実は『悪魔のいけにえ』というより『激突』に近い印象でした。
☆☆☆ 
 大竹しのぶのボディダブルが誰だったのか気になる。(これが噂のシーンだったのか・・・)