読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カムイ外伝(崔洋一)

 この映画は公開時かなりな酷評だったので、どんなものかと観てみたけれど、言われているほど悪くはなかったのではないかという印象でした。
 確かにCGの精度は低いのだけれど、邦画はまあ大体そんなものだし、製作者がどのように見えてほしがっているのか心眼で補正してあげたらいいのではないでしょうか。(そういう風に甘やかすからいつまでもCGのレベルが上がらない、という側面はあるかもしれませんが。韓国映画とか数年で目に見えて向上したしなあ。)ワイヤーアクションだって、『グリーン・デスティニー』なんかもフワンフワンした構成だったのだから、これは好みの問題でしょう。
 不動のくだりが性急なのは、尺に自然に収める工夫がほしかったけれど、原作の展開を踏まえたらやむなしではなかろうか?情念の物語の側面がスポイルされている、というのはおそらく制作側も想定内の指摘で、エンターテインメントの土俵で勝負している作品と考えればまずは及第点だったように思います。この映画を入り口に、原作→さらに『カムイ伝』まで手を伸ばす契機になればよいのでは。全般的に役者さんは頑張ってた気がします。小雪は個人的には苦手なんだけど、スガル役がはまってたし、伊藤英明の不動は誰かも書いていたけど、白土三平キャラみたいな影と輪郭線に見えるほどでそっくり賞をあげたかったです。
☆☆☆1/2