転々(三木聡)

 この監督の「面白うて、やがて哀しき」という話は上手いこと決まるととても良いですね。結末をひっぱりすぎない潔さも好きだった。いろいろ考えると実際はつらくて苦いバックグラウンドがある話なんだけど、あくまでサラッと一種のファンタジーとして見せきるのがいつもながら巧み。『亀は意外と速く泳ぐ』が三木作品ベストだったのだけど、同じくらいよかったです。小泉さんはナイスキャスティング
☆☆☆☆

広告を非表示にする