読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロケット&ジョーンズ:pembroke

物欲日誌

 5年履いていた仕事用のサイドゴアブーツが限界になったので、次の靴を探してました。生まれ付いての無精者(NBB)なので今度もサイドゴアみたいな奴で行きたい。それで前回買ったヤンコはラスト(靴の木型)が自分にぴったりだったこともあり、何より価格がリーズナブルなのでサイドゴアもヤンコで、と思ったのだけど黒しか置いてない。丈が高いチャッカブーツの黒を既に持っているので被るなあ・・・と他のメーカーで探したら、クロケットは色、形ともバリエーションが豊富だった。よく考えたらポンド安、これはチャンス!!と人生初の海外通販にチャレンジしてみることに。
 それで例によって、仕事用なのでラバー底のもので色々見ていると、オフと兼用できるウイングチップもいいなあという気になってきて。(昔からの思い込みなんですが、フルブローグはやりすぎ感があって何か敬遠してたんですよね。)という訳で、それでも黒ではありきたりなのでダークバーガンディにしました。
 さてネットで注文すると、次のような返事が。「この度は注文ありがとうございます。ところで残念なことをお伝えしなければなりません。ストックが当店になく、これから出来次第の発送となります。期間は6〜8週間みてください」8週って!と思ったけど仕方ないので待ちました(結果7週間待ちだった)。実際到着したものは色もイメージどおり落ち着いていてひと安心。一番心配だったのはラストが合うかどうかで、モデルバリエーションが多いから、別のラストでちょうどよくても注文した靴では合わないことがあるのです(ちなみにこのモデルのラストは325というタイプ)。
 実はクロケットは毀誉褒貶の激しいメーカーで、それは仕上げにばらつきがあるから。幸い届いた靴は職人の仕事が丁寧な良い仕上がりのものだったのですが、所謂セレクトショップ別注というモデルには雑なものもあるとのこと。(実際某百貨店別注のものを自分も見たことがあるけれど、コバのフィニッシュがありえない手抜きだった。)これは基本Eウィズ(幅)でしか作っていないところを、ショップなどが見栄え重視で日本向けにDウィズを発注しているからだそうで。そういう観点からも海外通販はいいのかも。何より安いし!自分に合うラストを把握しているならチャレンジしてみる価値はあると思います。
☆☆☆☆