戦隊者

 コアなファンからは異論があると思うけど、「ゲキレンジャー」はここ最近の戦隊ものでは一番面白かった気がする。(熱心な視聴者とはとても言えないので、早朝釣り番組からの流れで普通に見入ってしまった率が高かった、という意味で。)
 「愚直なまでの王道ヒーローもの」(というかクンフー映画定番の因縁話)が持つ物語本来の強さ。そういったいわゆる「お約束(ベタ)」の世界観を演劇の世界に導入して成功した中島かずきが脚本で参加したのも象徴的だった。
 ルールバトルの自縄自縛で、つじつま合わせに汲々としている仮面ライダーシリーズにも見習ってほしいものです。新しいライダーってザビタンなの?

広告を非表示にする