時効警察

 麻生久美子さすがに年取ったね・・・でもいい!!こういうコメディの方がいきいきしてて魅力的な気がする。

 オダギリジョー扮する警察の窓際部署「時効管理課」職員、霧山。彼は時効が成立してしまった過去の事件を「趣味で」解明する!というコメディミステリ。ワトソン役は交通課の三日月さん(麻生)。

 第一回の脚本・監督は三木聡、出演者に岩松了緋田康人となんとなくそれっぽい人脈で。ギャグはシティボーイズ公演のようなゆるーくてベタなものが多いのだけど、同じ枠の「トリック」に代表されるような堤幸彦演出は「さあ笑え」的なあざとさが鼻について苦手なので、これくらいのほうがいい塩梅だなあ。次回も楽しみであります。

 それにしてもこのドラマの魅力は麻生久美子のコメディエンヌぶりにつきることだな。(一方、女性はオダギリ目当てでも十分いけると思う。)僕のフェイバリットアクトレスは麻生久美子とつぐみなんですが、2人の共通点は過去に苦労されていることですね・・・そういう匂いに惹かれるのかしら。

広告を非表示にする