最近のJポップ

今日FMかけながらドライブしていて思ったのだが。
なんかいろんな曲にラップ詰め込みすぎ。
少しでも間奏があろうものなら、もうラップをねじ込む。ゆるく聞くことが出来ない窮屈さを感じる。本当、普通のアイドル歌謡だなとちょっと油断して聞いていると、またラップかよという感じ。

論点はややずれるけれども、韻すら踏んでない、かろうじてビートにだけ合わせて早口でしゃべってるようなラップも最近多い。ラップというかヒップホップ系の楽曲というのかな。そういう意味で、いただけないと常々思っていた缶蹴隊の皆さんが解散するということで胸を撫で下ろしていたのですが。(一方、自分にしては珍しくいいなと思ったのがCKB+ライムスターの「肉体関係part2」。基本に忠実な韻の踏み方で。いつかダウンタウンの松本が「カイル・マクラクラン」みたいに口にするだけで気持ちがいい人名みたいなことを言っていたけど、早口言葉的なライミングの、「動物としての原初的な気持ちよさ」みたいなものは確かにあると思う。)

広告を非表示にする